法律

司法書士試験の勉強をして良かったことについてについて

私は法律に関心があったこともあり司法書士試験を受けることにしたのですが、予想以上に覚えることが沢山あったので少し驚きました。
また択一式の問題だけではなく書式の問題もあり書き方もかなり難しかったので、これは真剣に勉強しなければ合格できないと思いかなりの問題量を熟しました。
もちろん問題をただ解くだけでは合格することはできないので必要な条文はできるだけ暗記するようにしましたし、ノートを作成して一目見て理解できるように色々と工夫をしました。
司法書士試験で多く出題される科目は民法でそれまで多少この法律を勉強して来たので少しは自信があったのですが、問題の難易度がとても高くてもう一度一からやり直さなければならないと思いました。
そこで懸命に民法の勉強をした結果少しずつ分かるようになって来たので良かったのですが、その他にも不動産登記法や商業登記法など今まで勉強したことのない法律も勉強しなければならなかったので大変でした。
しかし一生懸命勉強した甲斐もなく試験に合格することができなかったので残念だったのですが、司法書士試験の勉強をしたおかげで法律の知識をアップさせることができたのでその点は良かったと思っています。

について